「偽物/ニセモノ/パチモノ」を英語で言う!


文法別カテゴリ一覧

学習者へご案内

 

名詞のエントリ一覧

 

「偽物/ニセモノ/パチモノ」を英語で言う!




◇ 伝えたかった内容
偽ブランド品を買ってしまうところだった

◇ 誤英語
I would buy an imitation of a brand.

◇ 伝わった内容
よくブランドのイミテーションを買っていた

◇ 訂正英語
I would've bought fake brand goods.


▼ なぜ通じない!? 

まずimitationは悪意がなく始めから偽物として売るために
作っている「偽物/イミテーション」です。偽物なのに本物だと
騙すつもりで作られている「偽物」はfakeに。

次に「~するところだった(しなかった)」はwould have P.P.に。
同文に他に動詞がない状態でwould単体で使うと、過去の習慣に
なり「よく買っていた」と誤訳のようになります。


▼ ひとこと

would have P.P.は、ありえない過去のif節が省略された形です。

(If I had left home earlier,) I would've involved in that accident.
(もし早く家をでていたら)事故に巻き込まれるところだった

言わなくてもifの部分が流れでわかる場合や、言う必要がない
ケースでこの形が使われます。

■ 編集後記

ちょっと前に日本マンガの英語版を紹介しましたが、toeic用
のオススメはないかというご質問をいくつか頂きました。

800~900オーバーを狙うなら正直、幅広い英語に触れていかない
と無理なので、「教材」というククリでの学習はオススメしません。

ただ、その手前くらいまでで、私の生徒さんが数人使っていて、
「使いやすい!」と聞いているものだったらということで・・・


一人一人の細かなレベルもありますし、これでバッチリ!という
わけではないですが、まぁ、無料体験があるので、試してみても
よいかもです☆



今回のような実際のレッスンにでた間違いやすい英語を毎日無料で学習!

下で今すぐ無料登録!
ライン版QR登録:


普段ご使用のライン名とは別名で登録できます。メンバー間の友達登録やDMもできないので匿名性が高くご安心してご利用いただけます。
■パソコン/スマホアドレスで登録される方は下記から!

メルマガ購読・解除
 
Copyright (c) 2009||那珂川の英会話教室ベストフォーワード特定商取引法お問い合わせ英語学習のメイトリックス