「チャレンジする」は英語でchallengeではない


文法別カテゴリ一覧

学習者へご案内

 

動詞のエントリ一覧

 

「チャレンジする」は英語でchallengeではない




◇ 伝えたかった内容
中華料理に(を作る)チャレンジしてみた

◇ 誤英語
I tried to challenge to cook Chinese foods.

◇ 伝わった内容
中華料理を作るために、(何かに)挑もうとしたけどできなかった(大ごと)

◇ 訂正英語
I tried cooking Chinese foods.


▼ なぜ通じない!? 

まずchallengeはかなり大ごとなケースに使い、to V形もないので、誤英語はto以降が目的になり「中華料理を作るために(何かに)挑む(大ごと)」となります。

また、try toの過去は「~しようとした(けどできなかった)」で、「挑もうとしたけどできなかった」となります。

ここでは、「~してみる」のtry ~ingでtried cooking...にします。


▼ ひとこと

名詞のchallengeは「難しいけどやりがいのあること」という意味で使われます。

It was a challenge to change my job.
転職するのは難しかった。

動詞の場合は「競争・対決」という意味が強い場合で、
He challenged me.「彼が挑んできた」
と後ろを名詞にします。

■ 編集後記

昨日、自分で近所ネタだしておいてなんですが、歩いて10分圏内の居酒屋を調べてみると結構ありました。


20選でこれだけで、他にも知ってるとこは多数。

よくよく考えたら私には天国のような所ww

国民健康保険も上限が50万以内と市民に優しいというか・・・

これで家の横にすし屋ができたら、きっと永住しますw



今回のような実際のレッスンにでた間違いやすい英語を毎日無料で学習!

下で今すぐ無料登録!
ライン版QR登録:


普段ご使用のライン名とは別名で登録できます。メンバー間の友達登録やDMもできないので匿名性が高くご安心してご利用いただけます。
■パソコン/スマホアドレスで登録される方は下記から!

メルマガ購読・解除
 
Copyright (c) 2009||那珂川の英会話教室ベストフォーワード特定商取引法お問い合わせ英語学習のメイトリックス