英語で「病院に行く」のgo to hospitalとsee a doctorの違い


文法別カテゴリ一覧

学習者へご案内

 

動詞のエントリ一覧

 

英語で「病院に行く」のgo to hospitalとsee a doctorの違い




◇ 伝えたかった内容
風邪を引いたので、病院に行った

◇ 誤英語
I got cold so I went to hospital.

◇ 伝わった内容
(身体が)寒くなったので、(重大な病気で)病院に行った

◇ 訂正英語
I got a cold so I saw a doctor.


▼ なぜ通じない!? 

まず「風邪」のcoldはaが必要です。

aがないと「寒い」の形容詞coldになり、getが状態変化を表すgetで、誤英語は「(身体が)寒くなった」となります。

次にgo to hospitalは何か重い病気や重大なことで病院に行く際に使うのが一般的です。

風邪など軽い症状でいく際はsee a doctorを使いましょう。


▼ ひとこと

病院関連でよく使う言い方を・・・

I went to see my friend in hospital.
友人の見舞いに行ってきた

see/visit 人 in hospitalのワンセットで覚えましょう。

■ 編集後記

1か月半ぶりに福岡の家に帰ってきました。

わかりやすく、家の場所を言うとき、いつも「博多」と言ってますが、実は博多ではなく・・

博多から1駅の「博多南」が駅名なんで「博多」と言ってます。

新幹線で10分ですが、この区間は日本で唯一新幹線が300円で乗れる区間、市になったこともあり実家から帰るたび、新しく店ができてたりします。

今がちょうどいいので、あんまり開けて人が集まって欲しくなかったりもしますw



今回のような実際のレッスンにでた間違いやすい英語を毎日無料で学習!

下で今すぐ無料登録!
ライン版QR登録:


普段ご使用のライン名とは別名で登録できます。メンバー間の友達登録やDMもできないので匿名性が高くご安心してご利用いただけます。
■パソコン/スマホアドレスで登録される方は下記から!

メルマガ購読・解除
 
Copyright (c) 2009||那珂川の英会話教室ベストフォーワード特定商取引法お問い合わせ英語学習のメイトリックス