不可算名詞toastの数え方


不可算名詞toastの数え方


 

◇ 伝えたかった内容
毎朝、2枚はトーストを食べる

◇ 誤英語
I have two toasts every morning.

◇ 伝わった内容
毎朝、二回祝杯をあげる

◇ 訂正英語
I have at least two slices of toast every morning.


▼ なぜ通じない!? 

まずtoast自体は数えられず、数える場合はtwo slices ofなどsliceを前につけて数えます。

toast自体を数えると「祝杯」という意味で、誤英語は「2回祝杯をあげる」となります。

次に「2枚は」=「最低2枚/2枚以上」なのでat leastかmore thanをつけます。

これがない誤英語は「2枚(ちょうど)」となってしまいます。


▼ ひとこと

sliceでなくpieceでも数えられます。

I had two pieces of toast for breakfast.

可算/不可算で意味が変わる名詞には注意しましょう。

■ 編集後記

朝トイレに行く時、寝ぼけてドアを開けるのを忘れ、全身丸ごとドアに体当たり&ひっくり返って、もがき苦しんで目が覚めた梅雨の朝、みなさまいかがお過ごしでしょうか?

しかし・・・「ドアを開ける」という初期動作すら忘れるとは・・・

なんだか切なすぎて「自分自身を削除」というボタンがあったら迷わず押してしまう気がします。

一方、私がドアに体当たりする姿を見て大爆笑したヨメハンは、洗顔フォームと歯磨きを間違ってえらいことになってました。

やっぱ二人とも歳なのかなぁw



今回のような実際のレッスンにでた間違いやすい英語を毎日無料で学習!

下で今すぐ無料登録!
ライン版QR登録:


普段ご使用のライン名とは別名で登録できます。メンバー間の友達登録やDMもできないので匿名性が高くご安心してご利用いただけます。
■パソコン/スマホアドレスで登録される方は下記から!

メルマガ購読・解除
 
Copyright (c) 2009||那珂川の英会話教室ベストフォーワード特定商取引法お問い合わせ英語学習のメイトリックス