put onとwearの違い


文法別カテゴリ一覧

学習者へご案内

 

動詞のエントリ一覧

 

put onとwearの違い




◇ 伝えたかった内容
彼だけ普段着だった

◇ 誤英語
Only he put on normal clothes.

◇ 伝わった内容
彼だけ普通の(異常ではない)服を着た

◇ 訂正英語
Only he was wearing usual clothes.


▼ なぜ通じない!? 

まず「普段着」はusual clothesに。normalは「正常な」という
意味の「普通の」という意味で、誤英語は「異常ではない普通の/
正常な服」と聞こえます。

次にput onは「(着てない状態から)着る」で、誤英語は「着た」
としかなりません。「普段着だった」は「普段着を着ている状態だ
った」という意味なので「着ている(状態)」のwearを進行形にします。


▼ ひとこと

「普段着」の他の言い方を・・・

everyday clothes / casual clothes / ordinary clothes

clothesは単複同形なので、単数でもclothesです。間違ってcloth
とすると「布」という意味になります。

■ 編集後記

先週水曜から事情でお休み頂きました。すいません・・

さて、髪が長くなって邪魔になってきました。

イメチェンしようと「キムタク風にロン毛にしよーか?」とヨメハ
ンに提案したところ「離婚やで」といきなり最終宣告。

「まだモヒカンのほうがマシ」とのご意見まで頂きました。

どういう基準なのか悩んでいると

「白と赤で染めるとカッコええで」

・・・

その色でモヒカンなら、ただのニワトリ頭な気が激しくします
し、外を歩いたら、数分で検挙です。

さすがヨメハン、すごいセンスです・・



今回のような実際のレッスンにでた間違いやすい英語を毎日無料で学習!

下で今すぐ無料登録!
ライン版QR登録:


普段ご使用のライン名とは別名で登録できます。メンバー間の友達登録やDMもできないので匿名性が高くご安心してご利用いただけます。
■パソコン/スマホアドレスで登録される方は下記から!

メルマガ購読・解除
 
Copyright (c) 2009||那珂川の英会話教室ベストフォーワード特定商取引法お問い合わせ英語学習のメイトリックス