「痛みがひどい」はseverとhardの違い


文法別カテゴリ一覧

学習者へご案内

 

形容詞のエントリ一覧

 

「痛みがひどい」はseverとhardの違い


 

◇ 伝えたかった内容
痛みがひどかったが、なんとか我慢できた

◇ 誤英語
The pain was hard but I could stand it.
 
◇ 伝わった内容
痛みが一生懸命だったが、我慢できた

◇ 訂正英語
The pain was severe but I managed to stand it.


▼ なぜ通じない!? 

まず「(痛みが)ひどい」はsevereに。hardだと「一生懸命」と
なります。

次に「なんとか~する/できる」はmanage toに。canは単に「~
できる」で誤訳のようになります。


▼ ひとこと

「我慢する」はput up withもよく使います。

I can't put up with him anymore. 彼にはもう我慢できない

ちなみに「トイレを我慢する」という時はhold it inを使います。

■ 編集後記

今年も今日を入れてあと2日ですね。

家で正月鍋をするので、ズワイガニを1キロ買いました。
かなり身が詰まった生食用で1キロ3千円。肉を買ったときと同じ
業者から直で買えましたw

まぁ、どうせヨメハンが殻の汁まで吸い取って私には一滴のダシす
ら残らないのは確実なんですがw

そんなこんなですが、今年はこれが最終号です。

今年一年ご愛読いただきありがとうございました&来年もよろし
くお願いします。

来年は一応4日くらいからの予定です。

それではよいお年を☆



今回のような実際のレッスンにでた間違いやすい英語を毎日無料で学習!

下で今すぐ無料登録!
ライン版QR登録:


普段ご使用のライン名とは別名で登録できます。メンバー間の友達登録やDMもできないので匿名性が高くご安心してご利用いただけます。
■パソコン/スマホアドレスで登録される方は下記から!

メルマガ購読・解除
 
Copyright (c) 2009||那珂川の英会話教室ベストフォーワード特定商取引法お問い合わせ英語学習のメイトリックス