「するんじゃなかった」を英語で言う!


文法別カテゴリ一覧

学習者へご案内

 

助動詞のエントリ一覧

 

「するんじゃなかった」を英語で言う!




◇ 伝えたかった内容
あんなこと言うんじゃなかった

◇ 誤英語
I didn't have to say like that.

◇ 伝わった内容
あんな風に言う必要はなかった

◇ 訂正英語
I shouldn't have said anything like that.


▼ なぜ通じない!? 

まずsay like thatだとlike thatがsayにかかり、「そんな風に言
う」となります。「あんなこと」はsomething like thatで、ここ
では否定なのでsay anything like thatに。

次に「~しなければよかった」はshouldn't have P.P.に。
don't have to Vは「Vする必要がない」で、誤英語は
「あんな風に言う必要はなかった」となります。


▼ ひとこと

「~しなければよかった」の他の言い方を・・・

I wish I hadn't said anything like that.

wishを使ってありえない過去を表すときは後ろはhad P.P.にします。
ここでは否定なのでhadn'tです。

■ 編集後記

前号でリスニング問題を間違ってヘッダーに入れてしまいました、
すいません・・

さて、リスニング問題ですが総集編パート1を作ってみました。
約20分の長さです。

今日の22時から配信されるので、もしよかったら練習用にどうぞ。


まぁ、これまでのをつなぎ合わせただけですが、私も同時に
オンラインなので動画再生中は、質問もチャットを使ってその場で
返せます!

つなぎ合わせただけで数時間かかり、すでに疲労困憊、今日は
ウォーキングやめようかなぁ、という誘惑にかられる冬の夕方です。

■今日のリスニング問題




英語でわからないことを無料でお答えします!
こちらから↓
質問フォーム

今回のような実際の英会話レッスンにでた間違いやすい英語を毎日無料で学習!

下で今すぐ無料登録!
ライン版QR登録:


普段ご使用のライン名とは別名で登録できます。メンバー間の友達登録やDMもできないので匿名性が高くご安心してご利用いただけます。解除もワンクリックですぐにできます。
■パソコン/スマホアドレスで登録される方は下記から!

メルマガ購読・解除
 
Copyright (c) 2009||那珂川の英会話教室ベストフォーワード特定商取引法お問い合わせ英語学習のメイトリックス