afraid toとafraid ofの違いをプロ英会話講師が解説!


文法別カテゴリ一覧

学習者へご案内

 

形容詞のエントリ一覧

 

afraid toとafraid ofの違いをプロ英会話講師が解説!




◇ 伝えたかった内容
コロナにかかるのが怖い

◇ 誤英語
I'm afraid to have COVID-19.

◇ 伝わった内容
怖くてコロナにかかった状態ではいられない

◇ 訂正英語
I'm afraid of catching COVID-19.


▼ なぜ通じない!? 

まずhave ~は「~を持っている状態」でhave COVID-19だと「コロナに(すでに)かかった状態」となります。

「(かかっていない状態から)かかる」と状態の変化を表すにはcatchかgetに。

次に、「~するのが怖い」はafraid ofです。

afraid toは「怖くて~できない」と言う意味で誤英語は「怖くてコロナにかかった状態ではいられない」と変に聞こえます。


▼ ひとこと

afraid toとofの例をもう一つ・・・

I'm afraid to make mistakes. 
怖くてミスができない

I'm afraid of making mistakes. 
ミスをするのが怖い

意味が大きく変わるのでしっかり押さえましょう!

■ 編集後記

まだ夏なのに昼間でも涼しいです。

夜はジャケットがないと外にでれないレベルで寒いです。

「まだ夏なのになぜ?」と思いますが、「暑い中、汗ダクダクでウォーキングに行かなくてもいい」という嬉しさもあります。

ただ悲しいのが、涼しいせいで薄着の萌えモアちゃん出現率が低く、目の保養ができないところですw



今回のような実際の英会話レッスンにでた間違いやすい英語を毎日無料で学習!

下で今すぐ無料登録!
ライン版QR登録:


普段ご使用のライン名とは別名で登録できます。メンバー間の友達登録やDMもできないので匿名性が高くご安心してご利用いただけます。解除もワンクリックですぐにできます。
■パソコン/スマホアドレスで登録される方は下記から!

メルマガ購読・解除
 
Copyright (c) 2009||那珂川の英会話教室ベストフォーワード特定商取引法お問い合わせ英語学習のメイトリックス